高級レストランでも注目される疑似肉

疑似肉という言葉を聞くと、偽造された怪しげなお肉だと勘違いする人もいるかもしれません。
しかしながら、疑似肉は今高級レストランでも使用されるなど、需要が高まっています。
疑似肉って何から出来ているの?

 

そう気になる人もいるかもしれません。
実は疑似肉の正体は、大豆ミートと呼ばれ、大豆が原材料となっています。
元々大豆は畑の肉と呼ばれるぐらい、タンパク質が豊富に含まれる食材です。

 

ですが大豆を食べるのとお肉を食べるのとでは、満足度が全然違っています。
でも大豆ミートなら、低カロリーで健康的なだけでなく、味や食感もまるで本物のお肉のような仕上がりになっています。

 

たぶんお店で大豆ミートと知らずに出されたら、本物のお肉と騙されてしまう完成度の高さです。
疑似肉は、日本でも注目されていますが、世界中で注目されています。

 

特にアメリカでは健康的なハンバーガーとして、西海岸のハンバーガーショップが大人気になっています。
ハンバーガーと言えば、肉が使用されるのが一般的ですが、そのお店では肉を一切使用していません。
植物由来の成分だけで、見た目も味もまるで本物そっくりです。

 

コレステロールが気になるけれど、食事は我慢せずに美味しいものを食べたい。
疑似肉は、そんな消費者の悩みを解決してくれる商品だと言えます。
また病気や疾患があり、食事制限がある人にとっても、開発が進めば、美味しいメニューが食べられるようになるかもしれません。

 

ちなみに、ハンバーガーショップでは、疑似肉だけでなく、疑似チーズも使用されています。
こちらも本物のチーズに見た目も味もそっくりだと注目されています。

 

 

関連ページ

低カロリーで美味しいお肉料理
低カロリーで美味しいお肉料理
和食であっさり肉料理が食べたい
和食であっさり肉料理が食べたい
赤ワインが肉料理に合う理由
赤ワインが肉料理に合う理由