赤ワインが肉料理に合う理由

肉料理には、赤ワインが合うという定説を知っていても、その理由を知らない人は多いでしょう。
ではなぜ肉料理と赤ワインの相性はいいのでしょうか?

 

その理由は、赤ワインに含まれるタンニンという成分です。
タンニンは、渋みを感じる成分です。
お肉と言えば、旨みや甘みが魅力なので、そこに渋みが加わる事で、味に深みが出るから料理がさらに美味しくなります。

 

それにタンニンには、口の中をさっぱりさせる効果があります。
肉料理は、最初の一口目は美味しいけれど、徐々にお肉の脂で重たくなってきませんか?
ですがそこで赤ワインを飲み、タンニンを摂取する事で、お肉の脂がさっぱりと洗い流されます。

 

そのため最初の一口目の美味しい状態を、ずっとキープする事が出来るという訳です。
ただし注意点としては、どんな赤ワインでも肉料理に合うという訳ではありません。

 

赤ワインのタイプは、ライトボディと呼ばれるタイプは、タンニンが少ないため、肉料理に赤ワインが負けてしまいます。

 

 

 

なので、タンニンの量が多く含まれる、ミディアムからフルボディのタイプを選ぶといいでしょう。
要は料理と赤ワインのバランスが選ぶ上で、重要だと言えます。

 

なので、赤ワインの中でも、濃厚で黒い果実が凝縮されたカシス、ブルーベリーが原料のワインは、ガッツリ系の肉料理にも負けません。

 

肉料理の種類や味付けによって、相性のいいワインは変わってきます。
例えばスペアリブやステーキなど、胡椒を効かした料理には、フルーティな赤ワインがお勧めです。
コクのあるビーフシチューや牛肉の赤ワイン煮には、濃厚な味わいの赤ワインがお勧めになります。

関連ページ

低カロリーで美味しいお肉料理
低カロリーで美味しいお肉料理
和食であっさり肉料理が食べたい
和食であっさり肉料理が食べたい
高級レストランでも注目される疑似肉
高級レストランでも注目される疑似肉